More from: 栄養療法


ピアノレイキの感想をご紹介させてください。

このブログでは栄養療法について書いていますが、

今日は、橋本翔太のもうひとつの活動である音楽療法の分野について、

 

感想をいただきましたので、ご紹介させてください。 

 

 

  

兵庫県西宮市Hさま、、、

 

 

こんにちは。

いつもお世話になっております。

 

早速なのですが、

現在、御社のCDでナチュラリング デトックス とソウルセルフケアを聴いていまして、

 

ソウルセルフケアを1日に一回、その後にデトックスを1日に二回聴いています。

 

ソウルセルフケアは聴くと毎回、強い怒り(憎しみに近い感じです)が出ますので、辛いのですが、自分を守ってくれる思考も出てきていまして、嬉しくて聴いています。

 

デトックスはまだ聴いて一週間なのですが、時々みぞおちの当たりから「もっと幸せになっていいよ」と言う言葉が出てきてとても嬉しいです。

 

まだソウルセルフケアも5日しか聴いていないのに、タイミングがいい事が何回かあり、びっくりしています。ただ悪い思考が働くとやはり悪い気がします。(私は思考が止まらなく人の影響をわりと簡単に受けてしまうタイプです)それもありまして、グラウディングをいただきたいと思うのですが、ここにプラスしても大丈夫でしょうか?

 

 

また、既に手元にありますストリーミングもいずれは足したいと思っていますし、夜のピアノレイキも足したいのですが、1日に何種類も聴いても大丈夫ですか?

 

 

またもし何種類もはだめなようでしたら、デトックス、グラウディング、ストリーミングへの移行のタイミングなどがありましたら教えていただけたら助かります。

 

 

長々とすみません。

どうぞよろしくお願いいたします。

==================

 

 

 

 

こんにちは、橋本です。

まずは、CDの効果を体感いただき大変うれしく思っております。お名前を伏せて、ぜひブログなどでもご紹介させてください。

 

CDですが、何種類もきいてもらっても大丈夫です。特に組み合わせで問題になることもありません。

 

以降のタイミングですが、ご自身の直感にしたがって、CDを選んでください。その日に聞きたいものが、その日に必要なものだと思ってください。CDの効果がしっかりでてますので、引き続きご活躍ください。

 

 

 

、、、、、、、

いただいたお返事

、、、、、、、

 

橋本先生

 

こんにちは。いつもお世話になっております。この度は、アドバイスをいただきまして、本当にありがとうございました。感激しました。すごく嬉しかったです!

 

体験談ですが、お役にたてましたら嬉しいです。

 

 

前回質問させていただいてから、また嬉しい変化がありました。

 

ソウルセルフケアとデトックスにメンタルセルフケアをプラスして聴いていましたが、初めて聴いて苦手だったストリーミングもなんだかいける気がしてきてプラスして聴いてしまいました。

 

 

私事なのですが、6年前に離婚を経験していまして、その後は、頑張らなきゃと働き続けて、3年前にストレスからメニュエール病を発症しまして、自宅療養を続けていますが、たくさんの後悔や怒り、燃え尽き症候群のような症状も出て、日がたつと同時にメンタルが悪くなっていました。

 

ピアノレイキは、8年前に知っていたのですが、その時は、自分が良くなる事に許可を出せていなくて、すごく良かったのに聴くのをやめてしまいました。

 

 

 

昨年の秋に、目覚めた瞬間、ふとピアノレイキと言う言葉がよぎり、CDを買わしていただいたのですが、怒りの気持ちが出てくるのが辛く、一時お休みをして、また聴きたくなり最近聴き始めました。

 

 

最近はもっと自分を大切にしていいよと言うメッセージが自分の中から出てきたり、自分に自信が出たのか、自分を信頼する気持ちが少しずつ戻ってきました。

 

 

 

ひとりぼっちだと思って寂しくて泣いていたのですが、自分がいる、と思えて嬉しかったです。

 

びっくりしたのが、再婚したいなと心から思った事です。

 

 

そしてストリーミングを足してからは行動力が半端なく(まだ3回しか聴いていません)、2週間前の私からは想像がつかない位、メンタルと行動力が上がってきまして、タイミングがいい事が増えてきています。びっくりしていますし、本当に嬉しいです。

 

 

やっと本当の自分の人生に近づいている気がしています。あんなに辛かった私をここまで変えて下さって、本当にありがとうございます。

 

 

これからも綺麗な音色に癒され楽しみながら、感謝しながら、聴き続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

 

、、、、、

 

Hさま

 

こちらこそ、素敵なメールを送ってくださりありがとうございました、心がイキイキとされてきたこと、私のCD、音楽がそのお手伝いをできたこと、本当に嬉しく思います。

 

ピアノレイキ、ナチュラリングが誕生したしてから12年になります。

 

この間に多くの人からたくさんの奇跡、ご報告いただきました。

 

みなさんも是非ためしてみてください。

 

 

CDの試聴など

shotashop.com/?tid=&mode=f1

 

 

 

0ED5AEFB-B83C-4253-B87A-6907D5D7CF51.jpg

 

 

 

 

 

 


栄養以外の身体のアプローチ 浄化。ホーリースプリングプール

IMG_9435

栄養の記事からずれます。

色々自分でも体験してきましたが、やっぱりエネルギー、気の流れって、あります。

身体の栄養が足りなくなると、当然、生き物個体ときたのエネルギー、気の流れも滞りますし、

 

単純に、毎日を生きてると、外部から負のエネルギーを浴びることって、やっぱりりどうしてもあるんですよね。

仏陀のように、怒りなど、全く他人の影響を受けないようになれればいいのですが、凡人はなかなかそうはいきません。

 

何か対処していかないと。

拙著にも書いてますが、

寝る前には、シャワーなりお風呂なり、入りましょう。疲れていても。むしろ疲れている時ほど、シャワーで洗い流すのが大切。それが身体だけではなくエネルギーの、浄化になるので。

イライラするとき、落ち込んでいるとき、気持ちが晴れない時も、栄養以外の身体のアプローチとして、水(お湯)を浴びる、ということをしてみてください。

落ち込んでいるときなんかはとくに、シャワーなんて浴びる元気がないから、こまってるわけで、それはよくわかります。

それでも、えいやっと、浴びるのです。そうしたら、断然ラクになるから。

神社の手水
イスラム教のウドゥ
滝行
そして以下のホーリースプリング、

全部、身を清める浄化であり、ネガティヴなエネルギーも水が流してくれるんです。

それを日常でも取り入れるのは、単純にシャワー、入浴で良いんです。

ムスリムの友人も、ストレスによるイライラ、不安や悲しみを感じてる時で、祈る時間や気力がないときは、ウドゥ(水で身を清める一連の手順)を行うそうです。

、、、、、

この前、バリに行った時の禊の様子。

.albumtemp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーリースプリングウォーターテンプルという、バリはウブドにある、お寺で、禊をしてきました。

水はすごく冷たく、入るのは勇気がいります。神聖な場所なんですが、理解のない観光客が土足で水に入ってきたりしてるのはとても残念。

実際に中に入ってるのはバリ人が多く、僕も友人の手引きがなければはいれませんでした。

男性も女性もサロンをまといます。あらかじめ然るべき格好できている地元の人も多くいます。

この湧き水を左から右へと、順に浴びていくのですが、

.albumtemp

面白いのは、途中二箇所、陰の場所があって、生きてる人間はそこで祈ったり水を浴びてはいけないです。

死体を清める場所なんです。

特に目印もなく、突然その二箇所の場所があるのですが、何も知らずに僕はそこで水を浴びようとして、隣にいた地元の女性に

Stoooooop!!!!

と、止められました、彼女が止めてくれたおかげで謝って隠の場所で水をあびたり、祈ることなく住むことができました。

本当に大きな声で止めてくれたので、絶対やっちゃいけない行為だったんだと思います。

とにかく、心が不調なときは、シャワーを浴びてください。

また、ただあびるのではなく、水がネガティヴなエネルギーを洗い流してくれてるイメージも大切です。本当に気持ちが整ってくるから不思議。でも、これだけ各地で儀式としておこなわれているわけだから、当然のことなのかもしれない。

寝る前にシャワーや入浴で一日あびたエネルギーを洗い流すこともとても大切です。水で流さずにそのままねてしまうと、疲れも抜けません。

 

栄養以外なも身体からアプローチできるメンタルサポートって沢山あります。

 


イスラム教、キリスト教、一神教を勉強しています。

今、一神教の神様について、イスラム教とキリスト教、両サイドから学んでいます。(ユダヤ教は学べる友達がいない)

シンガポールでは、ムスリムの友達から、日本ではクリスチャンの友達から、ガイドしてもらいながら、神様、を学んでるんです。

なんでかって、今年に入って気づいた大きな学びが、神様を信じている、(というと擦り切れた表現なんですが)神様とつながっている、というのかな、信仰心がしっかりある人って、すごく強いんですよ。ぶれない。

なんでそんなに優しいの?なんでそんなに強いの?って話を聞くうちに、ムスリムの友達(Yasser)は、誰にも依存してないけど、頼らないけど、神様には頼ってることがわかったんです。だから強い。神様は絶対ブレない。

日本人のクリスチャンの友人(みぎは)も、生きてく姿勢というか、強さ、親身になってくれる優しさ、ぶれない感じが素晴らしくて、やはり彼女も、神様との繋がりをしったりもったクリスチャンです。

もともと、ニューエイジをベースとしたスピリチュアルや自己啓発って、アメリカ発で、キリスト教をベースに、信仰心と宗教色を取り除いた、テクニック集でもあるんですよね。

でも、多くの人がなんでうまくいかないのかっていうと、肝心の、信仰心、信じる力が、足りない。表面だけのスキルではとても補えないからなんだと気付きました。

例えるならピンポン玉。

僕も表面だけのスキルなら、心理学やらスピリチュアルやら、沢山もってますが、中身が空洞で、何かあったら、ピンポン玉のように簡単に凹んでしまう。

では中身は何で埋めるか?

それは栄養療法などの身体のアプローチに加えて、この、神様との関係、信じる力で、芯をつくり、ピンポン玉の中身をうめることができるのだと気付きました。

友人は、神様はいつも隣にいてくれると信じてるので、乗り越えちゃうんですよ。神様は、一見辛く感じる出来事も、よりよくなるための種で、必ずより良いものを与えてくれると信じている。それがブレない。

そして、感謝も当然のように、日常のあらゆる瞬間に組み込まれている。

しかもそのやり方は、人生を、心を楽にするための、科学的な要素が沢山つまってることにも気付きました。

もっとうまく説明できるように、とにかく今は神様、について学んでいるのです。

写真はシンガポールにて。今、ラマダンの最中なんですが、断食はしないものの、タラウェイの祈りには参加していて、2時間ほど、祈りに参加します。(他に一日五回の祈りも、できる範囲で実践)最初はきついかなと思ったんですが、参加したらあっという間の2時間。感極まって泣きそうになる瞬間もあって、このラマダン期間の特別なエネルギーを感じてます。シンガポールのムスリムはほとんどマレー系シンガポール人です。なのでモスクでは、コーランの教義や説明も、マレー語が使われるので、全然わからないんですけどね。それでもエネルギーは感じる。

イスラム教やキリスト教、どちらに入信するとかではなく、一神教の「神様」ということを、ニュートラルに学んでいる最中です。

I’m studying about ”God” from Islam and Christianity.

I realised that my Muslim and Christian friends who practice their faith are kind, calm, and strong. They are independent, have a high self esteem and believe in themselves because they know that God with them.

I have a profound respect my friends and their faith thus the reason why I begin to study it.

It is now the month of Ramadan and I have started to follow my Muslim friends to perform Solat (prayers)Teraweeh at the mosque.

 


日本人の自殺、自殺率が高い本当の理由

日本人の自殺、自殺率が高い本当の理由

海外ではじめて出会った人と、会話がスタートすると、かなり頻繁に聞かれることがあります。自分が心理カウンセラーや音楽療法をやっているからかもしれませんが、なんで自殺が多いのか、最初の会話でよく聞かれるんです。多くの外国人が日本人に対して抱いているイメージが、極端にいうと、

●ハイテク
●物価が高い
●自殺が多い

の3点なんです。物価が高いのは、もう過去の話で、しばらく日本に旅行に来てない人が言います。ハイテクというのは、ロボットなどの最新の産業をはじめ、モニターフォンや風呂やトイレにいたるまで、ボタンひとつで湯沸かしや、洗浄ができ、あらゆるところに、ボタンがついている、というイメージを持っている人が多いから、だと思います。そこら中にボタンがあるのよ! と日本旅行から帰ってきた友達がいってました。確かに公衆トイレにまでウォシュレットがついているのは日本だけだと思います。

そして3番目。なんで日本人は自殺がおおいのか? これを毎回聞かれます。そして、みんな、ストレスが高いから、ストレス社会だからでしょ? と、という意見を持っています。 日本のイメージ映像として、朝のラッシュの新宿駅の山手線を、係員がぐいぐい人を押し込んでいる。みんな暗い顔で、中にはマスクをして、うつむいている。そんな映像が、ちょっと悪意をかんじるのですが、海外でのイメージとして捉えられています。

もう15年くらい前から、聞かれていた質問で、そのたびに、僕も、ストレスが強いから、社会が成熟して心の問題が増えているから、過去に切腹など自殺を美化する文化があるから、自殺で責任をとる、という風潮があるから。などと回答してきました。きっとそのどれも、一つの要因になっているとは思います。

しかし、多くの友人と接するうちに、一番、影響を与えている因子、それは宗教の強制力だと、確信するようになりました。

日本人は無宗教がほとんどで、なにかのセレモニーのときだけ、主に仏教、もしくは神道を選びます。神社にいけば手を合わせますが、それが【信仰】とよべるかというと、実際はもっと自由で、お参りのときだけ、お願い事をしたり、感謝をのべたりするけれど、強い信仰心だとか、そこまで気にしませんし、あまり重要ではありません。

そして何より、仏教も、神道も、自殺を禁忌としていないんです。そしてヒンドゥー教も。まして仏教なら即身仏、ヒンドゥー教なら焼身自殺が、信仰心の表現や、悟りを開いて涅槃にたどりつくためのひとつの手段になっていたりと(細かい理由はここでカットさせてください)、自殺が信仰のひとつの手段になっている場合もあるくらいです。

一方、イスラム教、キリスト教は、自殺は禁忌です。してはいけないんです。絶対にしてはいけない。

世界の自殺率を国別に見てみると、イスラム教圏の自殺率が非常に低いことに気づきます。なぜでしょうか。なぜなら、禁止されているから。例えばイスラム教圏のドバイ(UAE)はそこに加えて自殺は犯罪です。もしも未遂で生き残ってしまったら、刑務所に入れられます。同じ法律はシンガポールにもあります。シンガポールも、もともとはマレーシアであり、イスラム教の影響が根強いです。

経済発展が成熟した先進国で、心の問題が社会問題になっていくのは、どの国も同じです。しかし例えばアメリカやドイツの自殺率は、日本に比べてぐっと低い。ストレスの強さははかれませんが、それなりにストレス社会のはずです。でも日本のほうが圧倒的に高い。これは、キリスト教の教えが、自殺はしてはいけないという教えが影響していると考えるべきだと思います。もちとん皆がキリスト教徒ではないでしょうが、マジョリティなのは間違いありません。

もちろん、これが全て、方程式のように当てはあるわけではないでしょう。

しかし例えばスリランカ。僕も、去年三週間滞在しましたが、この国は仏教もしくはヒンドゥー教徒がほとんどです。そして、第三国であり、経済発展をとげているものの、自殺率は非常に高く、4から5位です。うらみや、あてつけ、としての自殺が多いそうです。

マレーシアを見ると、もっと興味深いことがわかります。マレーシアの自殺率はとても低いものの、内訳を見てみると、中華系マーレシア人と、インド系マレーシア人が、ほとんどを占め、マレー系マレーシア人、つまり生粋のマレーシア人の自殺率は非常にわずかなんです。しかし、マーレシアではマレー系マレーシア人が人口のメインです。つまり、人口的にはマレー系マレーシア人が圧倒的に多いのに、それでも、自殺する人はほとんどいない。

なぜか。これも、宗教の違いだとしか思えません。マレーシアで生まれたマレー系マレーシア人は、生まれたときからムスリム(イスラム教徒)として育てられます。他にタイでも、県別の自殺率では、最も低いのはイスラム教徒が多い南部パタニー県です。

同じ社会、同じ国ににいて、自殺してしまうか、しないか、はこの宗教が何か、何の信仰をもっているか、が、一番影響をもっているのではと思うんです。もちろん、日照時間の問題だとか、情勢不安だとか、独裁者政府だとか、いろんな要素が絡んでくるのはもちろんですが、

僕たちが見落としがちなのが、この宗教観です。宗教の強制力って、本当に強いです。信仰のもとにあるルールは、神から与えられたルールですから、それは絶対です。僕たちが、鳥居を蹴ったり、仏像を割るとか、そんなことが怖くてできない、バチが当たる。この感覚と近いかもしれません。

日本人は、子供の頃から、他人に迷惑をかけてはいけないと、しっかり教育、あるいは洗脳されているので、うつ病になって自殺を考えて苦しくなっているときでも、電車の中で大音量で音楽を聞くとか、道ですれ違うときに、決っしてゆずらずに、バンバン相手にぶつかるとか、そういうことはしません。(今シンガポールにいますが、そんな人たちが多くてびっくり!)どんなにフラフラでも、社会の中で、自分が他人に迷惑をかけないように、というのは徹底しています。

おじぎだってそう。無意識に、おじぎをしてしまうでしょう? 

こういう、無意識にできてしまうレベルで、自殺のことを子供の頃可から、しかも宗教を通して、禁止されていたら、苦しくても、自殺をしよう、という発想がそもそも、浮かばないんです。

死にたい、という気持ちは、とにかく、楽になりたい。この苦しみが続くくらいなら、早く終わらせたい。そのためには死ぬことしか方法が浮かばない。という状態です。つまり、死ぬことが非常口になる。ここから脱出するために、最後の出口が自殺なんです。

ところが、ムスリムたちには、自殺という選択肢がそもそもない。なので、どんなに苦しくても、神に祈りながら、他の選択肢を模索していくんですね。

今シンガポールでムスリムの友達から、イスラム教のことを、クリスチャンの友達からはキリスト教のことを教えてもらっており、たくさんの気づきをもらっています。

宗教、とかくだけで、日本ではアレルギー反応をおこされ、すぐに、カルト? 変なのに入信するなよ、とか、そういう話になりがちです。イスラム教も、最近のテロのせいで、生粋のイスラム教まで怖がられていたり、キリスト教も、カルトの影響で、抵抗がある人が多いでしょう。実際僕もそうでした。でも、本当のイスラム教やキリスト教を、真摯に取り組んでいる人はとても強いし、芯がある、とここ最近強く思うようになりました。

 

じゃあ、今信仰もなく、特に宗教もない、そして日本人として育った人は、自分はどうしたらいいのかというと、常に本などを読んで、自分の思考が偏らないように意識していくことしかないと思います。その際、イスラム教徒やキリスト教徒の価値観や宗教観にふれていくのも、とても大切で大きな意義があると感じている次第です。

 

信仰や宗教、というと日本で嫌がられるので、これを、マイルドにして、伝えていく方法がないか、考えているところです。

何しろ、今後、海外で、なんで日本人は自殺がおおいの? と言われたら、いろんな要素があるけれど、宗教観は大きい。と答えます。

一方、メンタル部分ではなく、身体面が原因で、自殺へとコミットしてしまうこともわかっています。すべて精神論や心の問題で語れるわけではないのです。

身体の機能、つまり脳機能やホルモンバランスが崩れるだけでも、死にたい気持ちに襲われます。
適切な栄養素や食事の仕方で、死にたい気持ちがなくなってしまうこともあるのです。

栄養のことも知ってください。
jira.reiki-de-kirei.com/

 

 

 


運気の筋肉! 運にはマッスルメモリーがある

運気の筋肉! 運にはマッスルメモリーがある

今日は心の分野、そして運気のお話です。

最近僕の旬のテーマが栄養やサプリメントで心を回復させることなので、
めっきりスピリチュアルや気や波動の話から離れてしまったのかと思い、心配メールをいただいたこともあるのですが、
そうではないんですよ。

ただ、前のように、精神世界にどっぷりだった頃から、もう一度、
心理やスピリチュアルを分析しなおしている最中です。

今日は、最近気づいた大きなヒントをひとつお届けします。

■おかげさまで、栄養ボディ療法やコーダサプリメントで本当に多くの人が回復してきたと
ご報告いただいており、僕は本当に嬉しいです。

一方、そんな方がよくおっしゃるのが、
「あんなに心の事や、スピリチュアルや、引き寄せとか、勉強したのに、
 原因が栄養とか食事だったなんて、、、いったい私は何をしていたのでしょうか……」

という、嘆きです。すっごいわかりますよ、その想い。
あんなに心のことをがんばったのに、意味がなかったんだ、、、という、嘆き、
ある意味アイデンティティの崩壊ですね、信じていたものが違ったんだ。という。

僕も、震災と、低血糖症や潜在性鉄欠乏という身体が原因で起こるメンタルの不具合のダブルパンチで、
それまでやってきたこと、信頼してきた事が、何もかも信じられなくなりました。

言霊とか、波動とか、目に見えない世界だとか、量子力学だって、気だって、そんなの嘘っぱちだ!
チクショウ!

と、心の中で叫びましたよ。食事療法とサプリメントで治療しながらも、
僕が一番しんどかったのは、

拠り所としてきた、精神世界や心理学のことが、まったく無駄だった、嘘だったように思え、
もう二度と信じられなくなり、ふさぎ込んでしまったことでした。

信じて、効果もだして、本も出したのに、あれは意味がなかったのか? と
読んでくれた方に申し訳ない気持ちになり、落ち込みました。
(今はそう思いません。自信をもって一冊目からおすすめできます)

■よりによって、食事なんかで治るなんて、ある意味、すごい屈辱だったんです。屈辱です!!

心理や気や波動、運気を上げる方法、などを学んだ、結果を出した、誇りがあったのに、
それが、たかだか、糖質を食べないとか、サプリメントでなおるなんて、すごい屈辱だったんです。

そもそも、食事も気を使っているし、市販のサプリメントとか、もともと飲んでるし、とか反抗しましたもん。
(量と質が足りなかったんですけどね)

今思えばおごりもありますが、もう、くやしかったです。本当に。
何が栄養療法だ、フザケンナ、と思ってました。

正直、はじめてから1年くらいは、続ける事をいつも迷っていましたし、ムカついてましたね。笑。
だまされて高いサプリメントや治療費を搾取されていると疑心暗鬼にもなりました。

僕は重症だったので、効果を認めることができたのは、一年半〜二年くらいすぎてからでしょうか。
長い道のりでした。

実際、脳やホルモンのバランスが崩れているので、思考がネガティブになりますから、
なおさら、まっとうに、冷静に考える事はできず、
ひたすら憤ったり、落ち込みました。

もしかしたら、似たような思いを抱いてらっしゃる方もいるかもしれません。

■今日、僕が声を大にして言いたいのは、その学びは、心、波動、気などの精神の学びは、運気を上げる学びは、
決して無駄ではないということ。

そして実際、
あなたの運気をあげ、あなたの人生を上手く運ばせるのに大いに役立ったし、今後も役立つ。ということです。

■僕はもうかれこれ、15年くらい、ジムに通ってまして、
昔から僕の事をご存知のかたは、写真にうつる僕が、成長していっているのをご存知だと思いますが、笑
そんなわけで、トレーニング、筋肥大にはかなり詳しいです。

そして、筋肉には、《マッスルメモリー》というものがあります。
カンタンにいうと、一度つけた筋肉は、筋肉がそのベストの状態を覚えていて、

仮にトレーニングを長く休んでいても、病気でできなくなっても、
また再開すると、すぐに戻る。という人の筋肉の科学的な特徴です。

筋肉をつけるって、本当に大変な努力が必要なんですが、
一度つけてしまった筋肉は、仮に失われても、最初ほどの努力はいらずに、
戻す事ができるんです。

つまり、また1から作り直すことなく、最初の努力は必要なく、
すぐにまた筋力がつくんです。

実際に、僕は旅行に行ったり、忙しかったり、体調がよくなかったりで、
トレーニングを、時には長期では休む事がありますが、

●1 仮に身体がしぼんでしまっても、1〜3回、長くて2週間のトレーニングですぐ戻ります。
筋肉が、今の一番ベストのところ、しぼむ前の筋肉のベストな状態を覚えているんです。

●2 そしてまた、定着した筋肉は、トレーニングをやめても、
そうそうカンタンにしぼんだりしなくなります。

■↑これ、運気にも同じ事がいえると、最近すごく思うんです。

僕は、震災あたりでダウンしましたが、
その前は大学院の頃から心理学、そしてスピリチュアルを叩き込んできました。
音楽療法は高校生から勉強してました。

ものすごい勉強しましたし、ものすごい実践しました。

・言葉に気をつけ、ネガティヴなことはいわない
・人のことを悪くいわない
・環境のデトックスをする
・呼吸方や瞑想法
・考え方を色んな視点から捉えること

なんていう基本から、

・運気をあげるための、様々な方法、(ナチュラリング講座ファーストノートで書いています)
・お金の流れをよくする、様々な方法(ナチュラリング講座セカンドノート 豊かさ編で書いています)

など、自分の経験を通してみつけた応用、

そして、施術でも武術でも、気のことも勉強してきました。
それは「橋本式レイキ」としてまとめました。「ピアノレイキ」もできました。

運気に筋肉があるとしたら、この期間に、僕は相当、運気マッチョになっています。笑

それがきっと効果があったんでしょう。
金子さんという、つい先日にはサンマークの副編集長さんになられた
人間的にも大好きで今も慕ってお会いしている素敵な編集さんに、最初に見いだしてもらい、

自分の音楽がCDになり、楽譜になり、それが収入になり、
実家のお金の問題、自分と妹の奨学金の返済、他にもいろんなことが解決でき、
(音楽で食べていく事の難しさは痛いほど知っているので、
 それがどんなにすごいことかは、よくわかります)

憧れだった場所に住み
ベタですがファーストクラスなんかにのって海外あちこちにいったり、
(これは単に、やってみたかったんですが、やって心から気が済みました)

美味しいものもたくさん食べたり、
なんだかもう、やりたかったことのほとんどか、高速で叶っていきました。
そして満足しました。

現世利益ばっかりですけど、子供の頃不自由だった僕は、
普通にそういう現世利益を楽しんでみたかったので。それが叶って嬉しかったんです。

もちろん、精神的な満足、パートナーシップに自己実現も叶えています。

だから、ナチュラリングも、ピアノレイキも、橋本式レイキも、
そこに嘘はなく、効果は僕が体感しています。

(単行本でも、最初の3冊のCDブックと、昨年KADOKAWAさんから出した2冊ではカラーが違いますが、
 どれも、自信をもって迷いなく、おすすめできるものです。)

だ・か・ら・こ・そ
だ・か・ら・こ・そ

震災が起きて、いい気分や波動だけでは立ち向かえない事がある事を知り、
低血糖と脳の栄養不足で、心のアプローチの限界を知り、

それはそれはショックで、ちゃぶだいをひっくり返して、バカヤロー、と叫んでいたのですが、

でも、ここにきて、栄養とサプリメントで体調が回復して、冷静にふりかえると、

「う〜ん。色々混乱してたけれど、もう色々信じられなくなってたけど、でもやっぱり、運気って、自分であげられるよね」
という結論には相違なく、たどりつきました。一周してきて、そう思います。

人生がうまくいく条件を円にするなら、半円は、波動や気分や心、もう半円に、身体が絡んでいるだけ。
つまり、自分が震災前にやっていたことが、心理学、スピリチュアルや波動、精神世界という半円でしかなったわけで、

もう半分は、震災後に体験した、今お伝えしている栄養やサプリメントなどを使って心のための身体を作る事だった。
ということ、ある意味それだけのことだったのです。

それを、どちらかの半円だけで、どうにか円を作ろうとしていたから、無理がでてきて
混乱していたわけですね。

■でね、僕はすさんでいたころ、おそらく波動的には真っ黒で、出てくる言葉もとことんネガティブ、
著作「5分で運がよくなるピアノレイキ」に書いた、《逆・だるまさんが転んだの法則》でいうところの、
とことん悪いものを引き寄せてしまう状態だったわけなんですが、

どうも、昔つけた、「運気筋肉」が、相当あったようで、ちゃんと運に救われているんです。
冷静に振り返ると、あちこちで助けられてるんです。

栄養療法にたどり着けた事自体も、運が運んだきた驚くようなストーリーがあります。(それはまた改めて)

みなさんの応援のおかげで、全くベッドから起きられない状態が数ヶ月続いても、
飢える事なく、やってこれたことだって、今思うとすごいことです。

でも、僕がボロボロだったころ、本人は本当に辛くて辛くて、こんなことをいつか書けるなんて当時は思っていませんよ。
最近ようやく、そう思えるのです。

でも、なんで? あんなに真っ黒で、波動も低くて、気の巡りも悪くて、イライラして、
かと思えば動けないほどダウンして、
シネ!とかバカヤロー!とか、もうオワリダ。とか叫んでいたのに、

本当にひどい手前で助かった理由、
たとえば昔のような経済的困窮に陥らずに済んだのはなぜ?
誰も助けがいなかったあの頃と違い、助けられたのはなぜ?

と自問すると、やはり当時つけた、運気筋肉なんだろうな、と思うんです。

トレーニングをやめた状態、つまり、自分の気分だとか、波動だとか、言葉だとか、そういうものに
意識を向けるのをやめて、すさんで、ひどい状態になっても、

この運気筋肉が残っていたんだと思うんです。それで、前ほど困窮することにはならなかったのだと。

繰り返しますが、当の本人は超絶つらいんですよ。
でも、心のことやスピリチュアルを学ぶ前の地獄には戻っていなかった。
自分の客観的相な状況は、決して悪いものではなかった。

これは、運気の筋肉が残っていたからなんでしょう。そう思うんです。

加えて、辛いながらも、途中途中、やはり自分が昔してきたこと、気や波動や言葉や、そんなことに
気をつけて、意識して過ごす日があったのですが、

それが、運気のマッスルメモリーによって、ちょっとの意識でかなり戻っていたんだと思うんです。

昔、まったく運気筋肉がなかったことは、ゼロから筋肉をつけるように、
運気をあげていくまで本当に大変でしたが、

一度運気マッチョになっていたので、ちょっと意識すると、結構運気が戻っていたんだと。

まさに運気って、失ったように見えても、一度ついた運気は、戻るのも早いのだと。
実際、芸能人でも、転落してしまったあとに、また復活して、前のような、あるいは前以上に
活躍してる人ってたくさんいますよね。

芸能人だから目につきますが、一般の方だって、結構そうだと思うんですよ。

いや橋本、それは違う。単に、運がいいときに築き上げた、
人間関係やビジネスの仕組みや、コネのせいにすぎない。

という見方もできるでしょうが、
コネとか仕組みとか全く関係のないところで、僕は、今ふりかえると運に救われていたので、
個人的には、その見解だけでは説明しきれないところがあるんです。

■ですので。 僕がご紹介してきた、そしてみなさんも、それぞれ学んできた、
心のこと、スピリチュアルのこと、波動のこと、気分のこと、気のこと、
これらは、決して無駄だったのではありません。

今は無駄だったように思えても、あなたの運気筋肉として、身に付いていて、
実はあなたを助けてくれるんです。

仮に、もうそういう心の意識がけをやめてしまったとしても、マッスルメモリーのように、
あなたの運気がよかったころの状態というのは、運気そのものが覚えてくれていて、
あなたがまた意識しはじめれば、前よりも早く、その場所に戻っていく事ができます。

栄養と食事をがんばっている人は、
身体を回復させてからでいいんですよ。
今は、スピリチュアルとか、心のこととか、やめてしまってもいいんです。

でも、また、ちょっと意識して生活してみようと思えたら、そのときやってみてください。
あなたが学んだことは、運気のマッスルメモリーの中に刻まれています。

そのときは、スピリチュアルや気で学んだ半円と、栄養とサプリメントで培った身体の半円が
見事なうつくしい円を作ってくれる事でしょう。

■もしも、今、あなたがとても運気の悪い状態だとしても、
僕のように、震災や病気で頭がおかしくなってしまって、ボロボロの状態だとしても、

あなたが一番運が良かった頃を、あなたの心が穏やかだった頃を、あるいはその瞬間を、
あなたの運気はちゃんと覚えていて、
ちゃんとあなたを守ってくれます。

戻るのも早いから安心してください。

今はひどい嵐の中でも、
凍えるような寒さと孤独の中でも、
もう、昔のような落ち着いた日々に戻れない気がしても、
未来に絶望しかないように見えても、
今後よくなるように思えなくても、

必ずそこから抜けますから、大丈夫です。
また前のように、そして前以上に、よくなっていきますから。

あなたが今まで培ってきた学びや経験は、あなたの運気の筋肉となり、
それはカンタンには衰えないし、消えません。

仮に衰えたように思えても、運気のマッスルメモリーによって、
ちゃんと戻るようにできているんです。

橋本翔太

ナチュラリング講座 
www.reiki-de-kirei.com/naturaling/index.html

橋本式レイキ
www.reiki-de-kirei.com/reiki/index.html#r001